#08 洗濯についてのアンケートから考えた5つのプラン

以前行った洗濯についてのアンケート(→こちら)から、5つのプランを考えてみました。
洗濯物を干すといっても人それぞれで、いくつかの考え方があるようでした。そのポイントは(1)浴室乾燥機を使う(2)洗濯乾燥機を使う(3)室内干しをする(4)独立した洗濯室をつくる、の4点です。そしてもうひとつ、家事をしながら家族と会話をしたりテレビをみたり、取り込んだ洗濯物をたたんでもらったりと家族が手伝いやすい環境をつくることです。

まずは下の絵ですが、バスルームからキッチンを抜けてバルコニーまで一直線の動線を確保してみました。洗面室の隣に洗濯機置き場を配置して、キッチン側からも使いやすく、また反対側にはカウンターを設けて、洗濯物をたたむなどちょっとした作業もできるデスクを置いています。

 

イラスト 01

 

次の絵は洗濯室をバルコニー側に出してみました。洗濯室には専用の流しもつけてみました。こうすれば乾燥機を使う場合はこの部屋で、また外に干すのであればバルコニーにもすぐ出せます。外壁に面しているので、ガス乾燥機を使う場合の排気の問題も解消できます。また外には干したくない洗濯物もここなら外からもリビングからも目に触れず、安心して干す事もできるでしょう。天気の悪い日も心配ありません。

 

イラスト 02

 

次の絵はキッチンとリビングとの間に家事コーナーをつくってみました。家事をするときも家族の気配を感じ、団らんにも参加できます。
キッチンとダイニングの間のデスクは上げ下ろしができて、おろせば机にもなるというのはいかがでしょうか。

 

イラスト 03

 

次の絵はもう少し快適な家事コーナーのプランとして、リビングルームの一角においてみました。パソコンを置くなど、家事だけでなく家族で共有するワークスペースとしても使えます。

 

イラスト 04

 

最後の絵は、このワークスペースをもっと充実させてみました。アイロンなどもここでかけられるように、棚にはアイロンやアイロン台などを格納しておくのもいいでしょう。夫婦それぞれのワークスペースとして、またテレビを見ながら、家族との会話もしながら、それぞれの作業もできるでしょう。壁は一面収納にして、リビングにものが散乱しないようにしっかりと収納します。

 

イラスト 05

 

いかがでしょうか。洗濯物をどこに干すのか、家族とのコミュニケーションを考えながら家事をどこでするのか、そしてワークスペースという考え方にも発展して5つのプランをつくってみました。ぜひみなさんの意見をお寄せください。

 

1 洗濯動線、バルコニーまで一直線型
2 洗濯室独立型
3 洗濯室独立型+ワーキングデスクミニマム仕様
4 洗濯室独立型+ワーキングデスクリビング内デスク
5 洗濯室独立型+ワーキングデスクリビング内充実型


皆さまからのコメント

我が家は脱衣所の洗濯乾燥機で洗濯して、内容によっては別室で除湿機をつかって乾燥させ、その部屋にある収納に衣類をしまっています。動線を考えると、独立した洗濯部屋は浴室と居室の近くにあるのが理想的。(東京都・男性・30代)
初めてこのサイトを見ました。色々なアイディアがあって、面白いですね。だた、ベランダの一方を壁でふさぐのは、避難経路がなくなるので、消防法違反では??(大阪府・男性・40代)
このサイトを初めて観ました。アンケート内容もすごく共感できたし、とても参考になりました。次も楽しみにしております。(東京都・女性・40代)
キッチンと洗濯室が隣接している(ドアでつながってる)間取りは、個人的に嫌です。どんなに換気扇を回していても、洗濯物に食べ物のニオイがついてしまいそうですし、なんだか気持ち悪いからです。せめて廊下を挟んで向かい側が良いかなと思います。(神奈川県・女性・30代)
1はとてもよいけど、2から5は有り得ない!何故、陽当りの良いベランダ側に洗濯室なんてものを?およそ、アンケート結果だけを見て実際に洗濯も料理もしたことがなくて、子供もいない人が考えたとしか思えないです。この洗濯室は夏は暑いし(乾燥機があったら余計に暑い)、子供部屋には陽が当たらない。信じられないです。陽当りの良いところには、リビングですよ!あとは和室があれば最高。キッチンは結構暑いので、西向き・南向きは止めてください。朝ごはんの支度のときだけは寒いので、東向きだったらベランダに面していてもいいですが、できたら朝日の入るところは、寝室にしたい。なので、キッチンと子供部屋(リビング隣)の配置を入れ替えて、キッチンの向かいに洗濯室がいいのではないでしょうか。(神奈川県・女性・40代)
独立した洗濯部屋があるのはうれしいです。特に冬や花粉の季節など、外に干したいけど室内で干している季節は、サンルーム的な、ベランダ側に室内で太陽の光を取り入れられる洗濯物が干せ、なおかつ人の目につきにくいスペースがあればいいなと思っています。(東京都・女性・40代)
自分が洗濯のお手伝いをするときにどれがいいかを考えました。やはり、洗濯機から干場までの距離が短いほうがいいと思います。洗濯槽から直で干場、最後のプランがいいですね。ベランダもサンルームのように天候を気にしなくてよい構造になるといいなと思いました。(千葉県・男性・40代)

事務局より

はじめまして。スマイラボ編集部です。みなさまからのコメント、とても嬉しく思います。バルコニーで干すのであれば、一番近い場所に洗濯室があって…と、洗濯機をどこに置くのか、どこで干すのかということが起点になりそうです。洗濯物を干せるサンルームがあるプランというのはひとつのアイデアですが、そもそも日のあたる場所はリビングにしたい、というご意見にもうなづけますね。

独立の洗濯室はお風呂の残り湯の利用ができません。(北海道・女性)
3.4.5のいずれかがいいかなと思います。どれに決めるかは、家族の意見や、金額によって考慮するかなと思います。洗濯室独立型は、夢です。(神奈川県・女性・40代)
とても参考になりました。しかしこれを実現するには自分で家を建てる時ではないとなかなか実現できないですね。(東京都・女性・40代)
洗濯は気もちが良い。(埼玉県・男性・60代)
狭い空間をうまく使用している。(神奈川県・男性・50代)
まず最初に、このサイトに初めて参りました。とても面白いです!丁寧な生活を慮るこのプロジェクトの意気込みというか、優しさに感動です。そして、洗濯、、、。毎日毎日のルーティンだからこそ、快適な場所で気持ちよくやりたいですね。仮プラン、どれも素敵です。昔式のアパートはベランダに洗濯機があったのを思い出しました。雪国の方では半分ベランダがグリーンルームのように覆われていて洗濯物が半分屋内、半分屋外のようなスペースで干せます。欲を言うなら、アイロンがけをする「家事スペース」も洗濯機&物干スペースの近くにあると、洗う、干す、取り込む、アイロンするが一度の時間にできるかな、と。共働きなので(しかも子供3人)洗濯の半分は夜にタイマーセットします。夕方帰宅後取り込んだ洗濯物はまだ乾いていないことも多く、再び屋内で朝まで干します。朝の作業の洗う~アイロンまでが一連の動作の中に治まり、しかも隣のキッチンではスープがコトコトとできあがっているのが理想中の理想。
すみません。長々と。住居を考えるのは夢が広がりますね。(東京都・女性・30代)

事務局より

洗濯についての家事動線を考えるとき、お風呂の残り湯を使うかどうかはとても重要なポイントです。残り湯を使うとすると、洗濯機の場所や干す場所も自動的に決まってきますね。考えてみると洗濯という家事は時間も空間もダイナミックに使います。だからこそ、丁寧に考えてみる必要があると思うのです。洗う、干す、取り込む、アイロンがけをするという洗濯についての一連の家事が一ヶ所でできるのは理想的ですね。

コメントをどうぞ

都道府県

年齢

性別
男性女性

家族形態
未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

住まいの形態
マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

お仕事
共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

 

上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

上記の内容で送信します。