#37 近居という住まいかた

昔から親と暮らすのは難しいとされ、よく「スープの冷めない距離がいい」と言われます。
高齢化、少子化、そして結婚しない子供達と日本人の家族像が大きく変わる中で将来のことを考えると両親と近くに住むということを考える人も多いに違いありません。

 

こうした背景で、今回考えてみたいのが同じマンションの中に2世帯が、2つの家を持つという考え方です。同じフロアーでなくても、階がちがって、ある程度の距離を保ちながら住むというのはどうでしょうか、そしてどうせ2つあるなら、ある部分は共有してみるというのはどうでしょうか。
想定する家族は、親世帯は、お母さんが一人75歳、奥さんのお母さん、子供世帯は夫婦は45歳、一人の子供、大学生男の子です。お母さんは、少し足腰が弱いという想定です。

 

イラスト

 

お母さんは、食事の時には子供世帯のところに来て過ごします。食事は一緒にします。ですので、お母さんの家はキッチンもコンパクト、大きなリビングと友人があつまる土間のような空間があります。
書斎コーナーもあってのんびり趣味の時間を過ごしたりもできます。趣味は書道です。

 

一方子供の方は、大学生の子供、親子で使えるワーキングデスク、昼間は母親が、夜はお父さんと子供が使います。本棚は共有で壁面一面につくるのもいいでしょう。

 

子供の家は最上階、見晴らしもよく、花火の時には家族みんなで集まって花火鑑賞というのはどうでしょう。またお母さんの家は1階で、専用庭がついています。小さな菜園をつくって、みんなで植物の世話をしたり。2つの家をもつことで、マンションの暮らし方も変わるかもしれません。
みなさんのご意見をお待ちしています。


皆さまからのコメント

私たち夫婦は、8年前から主人の親夫婦とまさしく近居をしています。近居のいいところは、程よい距離間とちょっとした助け合いかな。共働きなので、車は持たず、もっぱら週末父の車を借りられること。出張の時にペットを預かってもらったり、夕食がどちらか一人分になってしまったら母の手料理をごちになったりする。など家計にやさしく、合理的。私たち子供夫婦だけでなく、父は、会食で遅くなると、私たちに車での迎えをたのみ、母は週末の買い物につきあわせたりする。忙しいと一か月位、お互いに音信が途絶えていても、なんだか安心感がありますよ。(東京都・女性・30代)

 

事務局より
コメントありがとうございます。程よい距離感で経済的にも時間的にも合理的、そして安心感に包まれた、とてもあたたかい感じが伝わってきます。お互い自立した生活を尊重しつつ、補い合う。同居ではなくても“家族”を大切にできる生活スタイルが、これからさらに必要とされてくるのではないかと思います。

コメントをどうぞ

    都道府県

    年齢

    性別
    男性女性

    家族形態
    未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

    住まいの形態
    マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

    お仕事
    共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

    メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

     

    上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

    上記の内容で送信します。