#47 高齢者の一人暮らしについて考える

日本の家族の平均は2.4人、そのうち34%が一人暮らしです。(2010年、総務省国勢調査より)一人暮らしの高齢者が増えている事や、若い世代が結婚しない事などがその理由です。成熟国家の宿命かも知れませんが、その中でも日本の高齢化率は世界一位、2050年には、40%にも達します。元気なうちはいいですが、介護が必要になった時、家族がいない一人暮らしの老人はとても不安な想いをすることでしょう。また人生の最後を病院で過ごす事が多い日本ですが、今後ケアする看護や医師や施設の数はますます足りなくなり、自宅で一人亡くなる方も増えると言われています。

 

 

こうしたことを考えると、元気な時から他人ともっと関わる暮らしが必要かもしれません。先日のアンケートでも、元気な間は働きたいという方が多くいました。体が動く時に地域の活動や近隣の人との接点を多くすることを社会の仕組みとして考えられるといいと思います。
考えてみると、日本はもともと地域の活動が盛んな国、良くも悪くもお互いに関心を寄せ合って生きてきた国民でもあります。隣組や、地域が共同で持つ入会地、里山のような仕組みをずっと守ってきました。戦後、急速に高まった都市化はそうした隣人や地域とのつながりより個人の自立した暮らしを優先していくようになってしまったのです。

 

 

そうしたことを解決するために、高齢者施設を自分たちの手で運営しているあるオランダの施設パガニーニホフをご紹介します。(オランダ、スパイケニッセ)この施設の入居は55歳から。現在70人ほど入居しています。元気な時は自分より高齢者の、または介護の必要な人の面倒を見ます。その時間に応じてポイントが加算され、自分が誰かのサポートを受けたい時はそのポイントを使って暮らすというのです。興味深い事は、こうした暮らし方でコミュニティーはより活性化されて、かえって楽しい時間を過ごし、元気な時間がのびるというのです。ただ「コミュニティー」と声を大にしても人が自然に集まるわけではありません。そのためにも何か具体的な行動をすること、共同で仕事をすることでコミュニティーは生まれるのだとも思います。

 

 

人間はだれしもが老います。そしていつか死にます。元気な間は死ぬという事を積極的には受け止められないのが普通です。
しかし、どうしても「老い」という課題は避けられない事です。特に高齢化の問題が社会問題となっている日本では、一人で暮らすということ、しかも年齢を重ねてからの一人暮らしについて考えざるを得ないとも言えないでしょう。将来の不安を取り除く事で、今の暮らしを安心して楽しむという事も出来るとも言えます。

 

あらためて、こうした一人暮らしをサポートができるような建築とそれを支える運用の仕組みをつくることが必要に違いありません。

 

是非みなさんのご意見をお寄せください。


皆さまからのコメント

私は75歳のおばあさんです。夫はいません。次男は優しく将来私を面倒見てくれます。住んでいるところにマンションを買いたいと思っています。私は買えませんから子供にローンを組んでもらいます。もちろん半分は持っています。持家になると、病気になっても死んでも安心ですので、早く滋賀県にマンションを探して買わないとと思っています。これが不安の種です。(滋賀県・女性・70代)

事務局より コメントありがとうございます。日本の家族の平均は2014年で2.5人だそうです。家族形態、ライフスタイルが多様化する社会において「集まって住む」マンション暮らしは世代間の交流や緩やかに見守る環境なども期待できるかもしれません。所有することに加えて安心して住んでいただけるマンションをこれからも研究していきたいと思います。
高齢になっての一人暮らしは気楽な反面さびしいものです。一人暮らしがながくなると、しらずしらずの内にわがままになっていることを自覚しています。人間は勝手がよくて、気持ちもかたくなっているのが哀しい。生きる目的が見出せなく、たらららと一日がくれていきます。(愛知県・女性・80代)

事務局より コメントありがとうございます。ひとり暮らしは楽しいですが、おしゃべりも大切なのでしょうね。遠出ではなくても、出かける場所や人とふれあうきっかけができれば気持ちに変化がうまれるでしょうか。
70代。家族が減って家が広すぎ掃除も人手に頼っている。狭いマンションに引っ越したい。コンシェルジェ付で賃貸が魅力!(北海道・女性)

事務局より コメントありがとうございます。家が広すぎる悩みは意外と多くの方がお持ちではないでしょうか。これからの高齢化社会にむけての住まいについてスマイラボでもさらに考えていきたいと思います。皆さまのご意見ご要望、是非お寄せください。
あまり関係ないかもしれませんが、、、 アメリカ ニューヨークマンハッタンの 日本の公団に近い集合住宅では、、、終の棲家的に住む住人ばかりマンション(広めの住居100㎡前後)では、空き室がでた場合に、希望の方を受け入れるか否かを、既にマンションに済んでいる住人が決めるそうです。一人でもNOの方がいると入居できないそうです。(よほどのことがない限りNOはないようですが。また、既に住んでいる方の同居人という事であれば問題ないです。) 日本人の友人(女性)が結婚して、そのマンションに住んでいますが、同じマンション内にアメリカ人の友人もできて、べたべたしない関係が保たれて暮らしやすいそうです。(千葉県・女性・50代)

事務局より コメントありがとうございます。日本では引っ越しが済んでからご挨拶することが多いですが、アメリカではこれから共に暮らす仲間として迎える前に住人が決めるところもあるのですね。とても興味深いお話です。
現在分譲マンションで一人暮らしであり、共益費で、まかなっているが、立体駐車場の管理費が今後心配。高齢化がすすむので、利用者が減少することは明らかです。駐車場のみ独立採算ができれば最高ですが。(千葉県・男性・70代)

事務局より コメントありがとうございます。コラム「#51日本の家は空き家が多い~空き家を活用する」では家を取り上げましたが、都心では車よりも自転車を選ぶ人が増えて駐車場の空きも増えているようです。交通手段の利用の仕方にも変化があるかもしれません。
高齢者の、住まいの理想形は、広さ60平米程度に加えて、クローゼットを含めて6畳の納戸、間取りは、ホテルのセミスイート、移動範囲が少なく、1か所で管理がしやすい。移動できなくなった時のことも考えて、近所に、かかりつけ医、介護事業所、配食があれば、1人でも生活は可能。大都市での生活は、高齢化が進むと、自然と限界が見えてきます。地方は、在宅介護インフラができていないところがまだ多く、できるだけ、長く働き、健康寿命を維持していくことが一番と考えます。介護期間を、短くすることが重要です。このような街をつくってほしい。(山口県・男性・50代)

事務局より とても具体的なご意見をありがとうございます。“働く”ということは健康長寿にとても効果があるそうですね。高齢になって、してみたい仕事、したくない仕事はありますか?内容についても是非お聞きしてみたいです。皆さんからのコメントお待ちしております。
オランダの施設パガニーニホフは、初めて知りました。とても興味深いです。UR機構×MUJIプロジェクトで、古い団地再生の道を「高齢者棟」「若い家族棟」「レストラン棟」「家庭農園」として、年齢を超えたまた団地の内外を問わず地域住民との交流の場として成功しているのも新しい打開策だと思いました。私は未婚で親兄弟とも死別し、家族がいません。老後の貯えがあっても、本人が認知症や脳梗塞などで倒れたら、それを活用することもできません。会社勤めで転居も多かったので、地域社会とも関係が希薄です。どのような住居にどのように住むか、今真剣に考えているところです。(千葉県・女性・50代)

事務局より コメントありがとうございます。家族であるか、ないか。ではない新しい人とのつながりが“ともに暮らす”ことで生まれないでしょうか。住まいができる可能性について皆さんのご意見をお聞かせください。
5年前から京都に単身赴任中で、月2回、島根の実家に帰省するという生活が続いています。幸いなことに妻と私、双方の両親4人とも現在は健在ですが、早 晩、ボケや介護の必要性が出てくる可能性がありますし、自分自身20年後ぐらいにはそういうお世話になる可能性もあります。これからの日本はますます高齢化、独居化が進むと思われますので、老人を対象としたシェアハウス共同住宅(特にパガニーニホフ制度)の紹介と普及を期待し、自分もそれに一役買えたらと考えています。(島根県・男性・50代)

事務局より コメントありがとうございます。年を重ねるごとに、体力面などにさまざまな制約が出てきます。家事などをシェアすることにより、負担を軽くすることができると思います。それが家族の場合も、家族以外の人でも共に楽しく暮らす方法ももっと考えていきたいですね。
日本古来の考え方としては”情けは人の為ならず”という自分がかけた恩はいつか自分に返ってくるという考え方があったのかもしれませんが、それを割り切ってポイント制にするという新しい発想がなかなか面白いと思いました。これから増える高齢者対策の一つの案であるような気がします。(実際ポイントをたくさん貯めたとしても、自分が高齢者になった時、それを使えるかどうかは又別の話の様な気がしますが・・・)(神奈川県・女性・40代)

事務局より コメントありがとうございます。ポイント制にすることで、恥ずかしさや照れなどがなくなり、人に手を差し伸べやすいという一面もあるのかもしれませんね。
分譲マンションにおける修繕と管理の在り方については、今後見直しが必要では。高齢者がマンションに住み続けるためには年金以外に、国からの補助が必要になるのかもしれません。(埼玉県・男性・40代)

事務局より 今後さらに支給が厳しくなると考えられる年金だけでは難しいかもしれませんね。国からの補助もそうですし、ほかにも方法を模索したいと思います。みなさんのご意見も是非お待ちしております。
父親が今年亡くなり(最後は寝たきり、介護施設で)、母親とはスープの冷めない距離で暮らしていますが、高齢なので、いつどうなるか分かりません。まだ動けるうちはいいですが(80歳過ぎの現在も自転車で買い物に行くほど元気ですが)本当に切実な問題だと思います。親が元気なうちに考えなければいけないことですね・・・。要は本人がどういう風に今後を過ごしていきたいか、最後をどういう風に迎えたいか・・希望を聞いて必要な時に手を差し伸べることかなと思います。(宮城県・女性・40代)

事務局より いつどうなるかは、高齢の方だけに限らないですが、“今の生活”が続けられなくなった時のことを考え備えることで必要以上の心配や不安は減る気がします。今できる準備をしていきたいですね。話をたくさんする、というのも大切な一つだと思います。みなさんどのようにお話されたり聞いたりしているのでしょうか。
パガニーニホフの制度は興味深いですね。ポイント制で将来自身が介護や補助が必要なときにポイントを使うって安心感はありますが、ちょっと味気ないポイントがないとどうなるかとか?今の社会は親切にしての自分に返ってこないケースが多いので割り切ってポイント制にすれば、最終的に自分に返ってくるから親切にするって世の中になるから不親切や無関心よりはましですね。本来は高齢者を無償で親切にサポートの将来が望ましいですね。(東京都・女性・50代)

事務局より コメントありがとうございます。ポイント制についてはいろいろなご意見があると思いますが、親切は目に見えにくいものだからこそ、目に見えるカタチにして親切をより感じやすくしたのかもしれません。してもらう側、する側にわかれるのではなくコミュニケーションのなかで補い合うというのは、これからの高齢化社会に増えてくるのではないでしょうか。

コメントをどうぞ

    都道府県

    年齢

    性別
    男性女性

    家族形態
    未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

    住まいの形態
    マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

    お仕事
    共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

    メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

     

    上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

    上記の内容で送信します。