M17 洗面室の洗濯動線を考える

先日洗面室のアンケートを行いましたが、洗濯機まわりの使い勝手に関しては特に個人差があり、求められる機能もさまざまであることに気付きました。例えば洗剤やピンチハンガーなどをどこにしまうのか、洗濯物はどうやって干すのか、洗濯カゴはどこに置くのかなど、洗濯機まわりだけでなく洗濯の動線についても考えてみながら具体的な解決策を考える必要がありそうです。そこで今回は図面を書きながらみなさんと一緒に考えてみたいと思います。

 

 

洗濯カゴをどこに置くか
洗濯カゴはどこに置くのでしょうか。洗濯カゴを使っている人は全体の53%いました。洗面室はスペースにゆとりが無いことも多いため、もしかすると多くの人は洗濯機の上においているかもしれません。ここで改めて、しっかり定位置を決められないか検討してみようと思います。カゴの置き場は可能性として3つあります。①洗濯機の上に棚を設置する。②洗面台の下に洗濯カゴ置き場を組み込む。③そしてリネン庫の下段に組み込むという方法です。①のように洗濯機の上に棚を置く場合、洗濯機の蓋をあけた時にぶつからないようにしなければならないのですが、そうすると棚の位置が高くなりすぎます。ですので、例えば可動棚や折りたたみができる棚などに形状を工夫して、洗濯機の蓋をあける時には干渉しない様にすれば、棚の高さは洗濯カゴに洗濯物を入れやすい位置に設置する事が出来るでしょう。

 

<図1>

洗濯カゴをどこに置くか<図>

 

 

 

洗濯洗剤をどこに置くか
これも3つ方法を考えました。洗濯機の上に棚を設置し洗剤置き場とする。リネン庫の一部を洗剤置き場にする。洗面台の下の引き出しを洗剤置き場にする。しかし、使いやすさからすると洗濯機の近く、取り出しやすく一目で見て分かるところがいいのではないかと思います。

  

 

洗濯機のそばで一時干しをするか
洗濯をした後、洗濯機のそばで一旦吊るして皺を伸ばして、それからバルコニーなどの干場に運ぶという人もいるでしょう。下着などの洗濯物は外干しせず、そのまま洗面室に干すか、またはお風呂場の浴室乾燥機を使うという人もいるかもしれません。洗面室に干す場合、洗濯ハンガー用のハンガーパイプをどこに設置するのか。そして使わない時のハンガーをどこにしまっておくのかという事も考える必要がありそうです。

 

<図2>

洗濯機のそばで一時干しをするか<図>

 

 

このように様々な洗濯の仕方を考えた上で、次のような間取りを考えてみました。洗濯のしやすさを考えた時、洗面室にある洗面化粧台、リネン庫、洗濯機の位置関係が重要だとわかってきたからです。
この間取りでは洗濯機と洗面化粧台の間にリネン庫がくるようにして、どちらからも使いやすい位置にしています。洗面を左に寄せて、洗濯物の部分洗いなどをするのにも便利な作業スペースを確保しました。また、洗濯カゴ置き場で書いた<図1>の③のようにリネン庫の下には洗濯カゴをおけるようにも考えています。洗濯機の上には<図2>の②の奥行きの浅い収納棚とハンガーパイプをつけ、洗剤の置き場所も確保します。3つの配置についての考え方は、洗濯の仕方や間取りによっても解決策は異なってもくるでしょう。この案も1つの提案にすぎないかもしれません。いかがでしょうか。

 

 

8月中旬に行うアンケートでも洗濯機まわりのことについてもう少し細かく聞いてみようと思っています。そちらにも回答いただけると幸いです。

 

様々な課題を含んでいる洗面室ですが、住まいのバックヤードが整うと暮らしはとても快適になると考えています。みなさんのご意見をお待ちしています。


皆さまからのコメント

まず基本的に申し上げたいことは、マンションも戸建も、「洗面室が狭すぎ」ということです。海外のバスルームではなくが、基本的にスペースが十分あるのだから、やたらLDや無駄な部分にもっていかず、ちゃんと洗面室を現在の1.5倍ぐらいにもってきてほしいです。色々なものを置いてみな手狭にくらしています。最近の新築マンションのプレミアムクラスぐらいの洗面を一般的にしてほしいです(ダブルボウル、収納庫が沢山あるいは、収納用品を置いても広々している)脱衣籠/我が家は、かっこいいフタ付の仕分けプラスチックゴミ箱をおいて、これを家族ごとに脱衣所にしています。どうしても臭いがあるため、蓋が閉まるのはよいです。基本装備/脱衣所の備品什器については、基本パターンを3つぐらい作り、新築の場合、ある程度の範囲で選択装備できるとよいとおもいます。(有料OPとは別に)棚/地震や扉をしめた振動、タワマンの通り抜け風もあるので、棚を作る際は、手前に細いバーがあるとよいとおもいます。あるいはプラスチックトレイによる引出にして、洗えるようにするか。(東京都・女性・40代)

 

商品開発担当より
確かに日本の洗面室はリラックスをする空間というよりもたくさんの機能が集約した場所という感じになっている事が多いかもしれません
ね。なので、長時間人が居るLDや寝室などを広くとりたいという方が多いようです。LDや寝室などを少しずつ狭め、洗面室を今より1㎡広げてみても良いかもしれません。また、洗面室全体についても「収納重視パターン」「リラックスパターン」など、住む方のニーズに合わせてセレクトが出来ると良いですね。ご意見ありがとうございました。
洗濯機のそばで一時干しをするときは洗濯かごは不要。洗濯終了後洗濯かごに一旦入れるなら一時干し場所はいらないですね。我が家は一旦ハンガーに一時干ししてベランダや浴室へ運ぶのでほぼ不使用、リネン庫の最上段へ入れています。軽いので。3の上段という感じです。3の位置へは汚れた洗濯ものを入れています。洗剤はリネン庫の中段目線の位置へ置いています。(東京都・女性・40代)

 

商品開発担当より
ご意見ありがとうございます。
第一回目の洗面室アンケートで、一度仮干をしていると回答した方は30%とやや少なめでしたがやはり実際のご意見を聞くと仮干をしている、またはしたいという方もたくさんいらっしゃいますね。洗濯機のそばで仮干をする時には、洗濯機から直接取り出してそのまま干せるように物干しの形状や設置位置の検討がもっと必要なようです。
また、汚れたものを入れる為の洗濯カゴや、洗剤についても使い易い位置などを探って洗面室を改善・改良していきたいと思います。
「バックヤードが整うと暮らしはとても快適になる」共感できます。ただ生活習慣や感覚には個人差があるため、場所と用途が限定されてしまうと必ずしも使い勝手がよいものにはならないとも思います。洗面室は、手洗い、洗面、化粧、髭剃り、歯磨き、脱衣、洗濯などなど、生活の中で結構利用頻度が高いと思います。
我が家では、洗濯機を隠すために洗濯機置き場の上部につっかえ棒を設置しカーテンを取り付け目隠しにしていますので、図2の2、3のようなハンガーパイプは勝手が悪いです。また、洗濯機の上部は洗濯待ちの服がおけるよう棚をつけていますが、「下着や部屋着(しわになってもOK)」「Yシャツ、外着」「タオル」「靴下」「子供服」等種類に分けてカゴを置いているので、1では収納量が足りません。ただ洗濯後の服を浴室に乾すために空のハンガーを置くスペースは必要です。バルコニーで乾すことは、ホコリや花粉が気になるため避けています。つまるところ、洗濯機まわりは何もないほうが、自分の勝手に合わせてラックを設置できるのでベストではないかと思います。
また、好みかもしれませんが、洗剤を 高い位置には置きたくありませんし、洗濯用洗剤といっても、通常の洗剤、子供用の無添加洗剤、柔軟剤、おしゃれ着洗剤、漂白剤など 種類も多いため、洗面台下の引出に収納するのが一番便利です。(北海道)

 

商品開発担当より
確かに洗面室の使い方はみなさんそれぞれ違うでしょう。また、それと同時に置いておきたい物も違ってきますよね。ご自分で好きなものを用意したいので、シンプルに何もつけない方が良いという方もいらっしゃいますでしょうし、基本的なものが最低限ついていた方がいいという方も。バックヤードを整え、暮らしを快適にする為にも限られた空間で本当に必要な物を見極めていきたいと思います。
貴重なご意見ありがとうございました。
洗剤は、環境のことを考え粉石けんにしています。柔軟剤等はお徳用の多きなボトルなので重たいものを棚の上には置きません。シャンプーの替え用の袋と同様洗面の下やリネンの下部に置いておきます。洗濯前の衣類は反対に洗濯機上の棚の洗濯籠の中に入れておきます。ふたが閉まってしまうのはいかがかともおもうのですが。(東京都・女性・50代)

 

商品開発担当より
ご意見ありがとうございます。確かに、洗剤等は洗濯機の近くですぐに取り出せる方が便利ですが、大きなボトルは高い位置だと取り出しづらいですね。ご提案している図の棚は少し高さもあるので、こちらについては今後も検討していきたいと思います。
また、洗濯前の衣類を入れる籠を置く棚はすぐに可動出来る棚にする等洗濯機のふたをすぐに開けられるような工夫を考えいきたいです。

コメントをどうぞ

都道府県

年齢

性別
男性女性

家族形態
未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

住まいの形態
マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

お仕事
共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

 

上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

上記の内容で送信します。