#63 シニアプランが登場します

高齢化社会が進み、高齢者の人たちのマンション購入機会が増えています。今までの家を売り、生活に便利な場所に、少しコンパクトになっても快適に暮らしたいという人も増えている様です。
スマイラボでは何度かこの課題にも提案をしてきました。(2世帯住居についてなど)。今回は高齢者の夫婦または一人が住む、60平米の大きさの住戸をプロトタイプとして作りました。
下の絵をご覧ください。

 

図面1

 

玄関側にリビングルームを設置し、キッチンも近い位置につくっています。一方個室はプライバシーを確保したいバルコニー側に夫婦それぞれの寝室を用意しました。寝室が2つ必要ない場合は、ひとつをもう1つのリビングや、昼間使う空間として、季節や気候に応じて使い分けるといいでしょう。収納も今までのマンションに比べると納戸や物入れを多く配置してものがどうしても多くなるシニアに配慮をしています。いらないものはきっぱり捨てて、自分に必要なものだけを持つようにして暮らして行くのも大切でしょう。玄関のリビングは外部の廊下とつながるように計画し、通風や採光、そして近隣とのコミュニケーションの場になるようにも考えてみました。また、部屋の仕切りは引き戸とし住戸内のキッチンや洗面なども車いす対応ができるように、カウンターの下をあけたり、段差をなくしたりという工夫もしています。引き戸にすることで、あけておけば風通しもよくなりますし、開放的な空間をつくることができます。どこにいてもお互いの気配を感じるように計画してみました。

 

このプロトタイプは60平米ですが、もう少し大きい70平米ぐらいの間取りでは、この考えを応用して次のような間取りにも展開できます。

 

図面2

 

玄関先をアルコーブにしてリビングとアルコーブが繋がるようにしています。

これらの間取り、2015年春には、販売がはじまります。このコラムで議論されてきたことが、商品開発へと少しづつ、つながり始めています。みなさんのご意見からできた商品をもっと作っていきたいと思っています。どうぞこれからもご意見をお寄せいただけると幸いです。

 

シニアプラン、2015年春から発売、ご期待ください。


皆さまからのコメント

夫婦二人が定年退職した今、買物や出かけるのに便利な駅近マンションへの住み替えを考えております。長年戸建に住んできたため、戸建に近い設計が理想です。シニア向けということなので、多少高くなっても、従来の長方形(縦横1対2)ではなく、より幅広の長方形(縦横2対3)にして、ダイニング・リビングは廊下からベランダまで通し、風呂とトイレは廊下側にして窓を設け、隣に台所、次に寝室(ベランダ側)、という設計はどうでしょうか。台所の調理台・流しはやはりリビング向きが良いです。(神奈川県・60代・女性)

事務局より 具体的なご提案ありがとうございます。より充実したシニアライフを送るための住宅はこれからさらに必要とされると思います。参考にさせていただきます。
子供たちが独立して夫婦二人になったときに住むマンションに欲しいのは、夫婦別々の個室。そして必須条件「トイレは2つ」です! それと、子供家族がいつでも気兼ねなく泊まっていける部屋。子供が3人だから3部屋あれば理想なんですが。。。5LDKになってしまいますね(笑)(東京都・50代・女性)

事務局より コメントありがとうございます。家族同居の場合「トイレ2つ」問題は切実ですね。ただ、トイレは使われていない時間も多いため、リビングや他のスペースを狭くしてまでトイレをつくるか…というのは悩ましい問題です。マンションの場合、共用部分にもトイレをより使いやすくする方法も考えてみたいと思います。
ペットを飼える、サ高住・住居型有料ホームがない!(福岡県・男性)

事務局より コメントありがとうございます。今ではペットと一緒に住むことができるマンションが多くなりましたがこれからはサービス付高齢者住宅などでもペットと生活できるようになる未来は遠くないのではないかと思います。問題点と解決策についても模索していくことが必要そうです。
夫婦どちらかが車椅子生活になる場合もあり、車椅子が移動使用出来る幅の廊下・洗面所・トイレを是非考えて頂けると良いと思います。キッチンの角もラウンドになっていると良いですね。(大阪府・女性)  

事務局より コメントありがとうございます。廊下など車椅子でも移動可能とされる幅は確保されており、キッチンの角もラウンドにはなっております。このような視点で今後の住まいを考えていくことは重要ですね。ご意見お待ちしております。
玄関側にリビングを設けたどちらのプランも素敵です。ファミリープランでもこのようなプランがあっていいのでないかと思います。玄関側にあるリビングの明りと家族の団欒が、帰宅した家族を暖かく迎え、プライバシーを確保できる個室が日当たりのいいバルコニー側にあれば、昼間は太陽の光をふんだんに取り入れ、夜は室内に自然の風を入れながら、子ども達は勉強にも集中でき、就寝時にはぐっすり眠れるような気がします。(兵庫県・女性・50代)  

事務局より コメントありがとうございます。このプランはシニア向けだけではなくファミリーにも是非お勧めしたいプランです。
シニアに限らず、子供が中学生、高校生と大きくなってきたら、こちらのプランもいいように思います。玄関を入って、直ぐに個室へ入らず、必ずリビングを通ることが出来、家族とのコミュニケーションもとれるのでは。戸建ならリビング内に階段を配置したりも出来ますが、マンションならこの逆転間取りがいいですね。子供が小さいうちは、リビングで過ごすことが多いので、南向きに配置されたに広い部屋の方が嬉しいのですが、うちも将来子供が大きくなったらこのプランに住んでみたいです。(大阪府・女性・40代)  

事務局より コメントありがとうございます。北向きの部屋も採光は十分とれますし、真夏の直射日光が部屋に入ることも少ないので暑くなりすぎず北向きリビングは実際に生活してみて快適だと思います。
老後は、ベットで寝ているのが基本のようになるのは、少しさみしい感じがします。でも、私の祖母、祖父が確かに家で一番明るい場所にベットを置いていたのを思い出しました。その時は、縁側がある部屋で、知人がそこに訪ねてきたりするようなスペースでした。なので寝るだけでなく、ソファであったり、板の間のようなスペースもあればもっと嬉しいと思いました。(広島県・男性・40代)  

事務局より コメントありがとうございます。移動が不自由になった場合も、ベッドのまわりが、時に皆のリビングになり客間になる。「寝るだけではない多機能な寝室」というのも今後必要かもしれません。

コメントをどうぞ

    都道府県

    年齢

    性別
    男性女性

    家族形態
    未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

    住まいの形態
    マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

    お仕事
    共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

    メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

     

    上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

    上記の内容で送信します。