M20 素材の話

多くの人が、自然素材の持つ力というものを感じたことがあるでしょう。たとえば木のぬくもりです。
木は近くにあると香りが心をいやしてくれます。また、触ってみると暖かみや生命力を感じます。まるで木にも心があり、人々にその存在を語りかけているかのようです。

 

たとえば多くの場合、木には狂いが生じます。湿気などに弱く、膨らんだり伸びたりします。また乾燥すると割れたりもします。そのため、これまで企業は製品の均質化や基準を満たす必要性から、自然素材を敬遠し工業製品を多用することで、安定したものをつくることを目指してきました。またユーザー側も、しみや汚れのないものを好んできたといえます。しかしそうした狂いをマイナスとしてとらえるより、生きている素材のよさとしてプラスとしてとらえたほうが楽しいように思いますし、人々の心を惹きつけて満たしてくれる何かを得られるような気もします。

 

最近ではリノベーションという古い建物を再利用した暮らし方も増えてきました。そうした物件に暮らす人の多くが、古くて味わいのあるものや、肌触りのあるもの、工業製品ではなく、均質ではない「一点もの」で、人の手が加えられたことがわかるようなものを好む傾向も見られるようです。古いものには、そこに刻まれてきた時間や物語があるのでしょう。また人々に愛されてきたという気持ちがものに宿っているようにも思えます。
もちろん、工業製品の技術の進化は目を見張るものがあります。たとえば木肌をプリントした床材は、本物と見間違うほどです。しかしそうした技術の進化では生み出せないものを、人間は五感を通じて感じ取ることができるのです。

 

家の中に自然素材の木や石を取り入れる。少しメンテナンスに手間がかかるかも知れません。しかし、あえてそうすることで工業製品にはないぬくもりを感じ、それを楽しんでみてはどうでしょうか。企業側とユーザー側が一緒に素材について考えることで、もののつくり方が変わっていくように思います。

 

みなさんはどのように思いますか。是非ご意見をお聞かせください。


皆さまからのコメント

その通りだが、メンテナンスに手間が掛り狂いが生じる事を覚悟(販売時は説明)が必要だと思う。(東京都・50代・男性)

 

商品開発担当より
ご意見ありがとうございます。もちろん、仕上げの素材として使用する場合はきちんと素材についてのご説明が必要ですね。家具などでももちろん天然素材のものが多くありますので、仕上材としての利用だけでなく、家具として取り入れてみてもいいかもしれません。

コメントをどうぞ

都道府県

年齢

性別
男性女性

家族形態
未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

住まいの形態
マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

お仕事
共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

 

上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

上記の内容で送信します。