#65 子育てしやすく、長く働ける会社

スマイラボでは子育てや教育、少子化、高齢化などについてアンケートやコラムなど行ってきましたが、建築の工夫やサービスの仕組みだけでは、解決に向かいません。企業が働き方の仕組みを変えて、もっと積極的にこれらの社会課題に取り組む必要があるのではと思っています。

 

たとえば、子供を産んだら、手当を今よりもっとたくさん出すのです。さらに育休を多くし、いつでも会社に戻れるようにしたり、子供の保育も会社で行うようにします。また高齢者については、もっと長く働けるようにして定年をなくしてしまうのです。

 

その代わり、今より給与は安くしていきます。その分休みも多くして働く時間も短くするのです。いわゆるワークシェアリングです。給与が下がっても、休みが多くなれば趣味の時間を増やしたり、他の会社や個人で副業なども行いながら所得を維持する事もできるかもしれませんし、夫婦共働きであれば一人の収入が少なくなっても二人の収入を合わせれば世帯の所得は増えるでしょう。

 

かつて日本の企業の良さは大家族主義とよくいわれていました。発展途上の経済では当然なのかもしれませんが、ひとつの会社に長く勤めることが多くの人の夢でもあり安定と安心は社会に幸福感をつくりだしたはずです。今の時代、能力のある人は、企業を渡り歩いてキャリアをつくっていく人もいますが、多くの人はひとつの会社で長く働く方がずっと居心地がいいはずです。
私たち日本人は昔から「和をもって尊し」といわれるように全体の調和を大事にしてきた国民です。仕事の成果は個人のものでなく全員の成果として考えてきたのです。西洋に引け目を感じて進んできた戦後の日本でしたが、今一度、他の国をリードする日本の強みを発見していくことも必要です。

 

成熟社会にはいった日本は、世界に前例のない社会課題を多く抱えていますが、今企業が、長期的な視野に立ち、子育てや教育、少子化や高齢化など、家族や家庭を取り巻く環境を、より積極的に考えていくのです。社員がお互いに競争をするのでなく、安心して協調していくこと、永い安定をめざしていくのです。

 

企業と働き方の関係、一人一人の給与は低くなるかもしれませんが、そのかわり、安心して働け、さらに時間のゆとりをもつこともできるようになるでしょう。いかがでしょうか。みなさんのご意見をお寄せください。


皆さまからのコメント

私は、勤続31年目の子持ち女性社員です。総合職制度が取り入れられた初年度に総合職へ転換し、現場の責任者も経験しました。仕事に夢中になり婚期は遅れましたが、34歳で結婚し35歳の時に産休と育休を取得。その3年後、2回目の産休と育休を取りました。そして会社の子どもを持つ女性の中で初めて管理職(課長)になりました。今は、妊娠したら産休、育休を取り、復帰後は時短勤務が普通になってきましたが、第一号の私の場合は、どの場面にも色々障害がありました。でも、今なお同じ会社に長く勤めていられるのは、どんな困難があっても、何とか乗り越えられるということを実証しているのだと自負しています。ただ、家庭や子ども達を犠牲にしている面も多く、働き方を変えて、もっと子ども達と向き合う時間を作る生き方もあったのでは?とも思います。育休後の復職時に一番希望したのは、時短と職種変更でした。どちらもかなわず、総合職のまま通常勤務でここまで来ました。これからは企業が率先して、子育てを行う女性の生活状況にフレキシブルに対応し、仕事と育児の健全な両立をサポートできるような体制を整えていくことで、より良い社会になっていくものと信じています。(兵庫県・50代・女性)  

事務局より ありがとうございます。長く働かれてきたからこそのご意見に重みを感じます。今は保育園・学童環境等の充実や会社での働き方そのものに選択肢が増え正に過渡期と言えるのではないでしょうか。スマイラボでもよりよい社会を目指し、これからも様々な提言を続けてまいりたいと思います。

コメントをどうぞ

都道府県

年齢

性別
男性女性

家族形態
未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

住まいの形態
マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

お仕事
共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

 

上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

上記の内容で送信します。