M21 家族のコミュニケーションを考える

今回は玄関周りを活用し、家族のコミュニケーションについて考えてみたいと思います。現代の暮らしは、家族で一緒に過ごす時間をとる事がどんどん難しくなっています。食事を一緒にする、家族で映画や音楽などを一緒に楽しむなどというのも難しそうです。夫婦であっても働く時間帯も、帰りの時間もばらばら。子供も小さい時は塾があったり、大きくなってからは、アルバイトやクラブ活動など、家族で一緒に過ごす時間をとるのはなかなか難しいようです。しかし、それでも出来るだけコミュニケーションがとれるような、そんな家を考えてみてはどうでしょうか。

 

図面

 

 

上の絵は玄関側にダイニングを配置しています。食事を一緒にする時間が少なくても、みんなが必ず通る家の出入り口側へ食事スペースを持ってくる事で、ここが一番家族のみんなが長くいる場所となり、家族が顔を合わせやすい場所となるように考えてみました。
また点線で囲んだ部分の壁は黒板塗装という特殊塗料で、チョークで文字が書ける塗装を施しています。ここに予定だけでなく、家族へのちょっとしたメッセージや、家族イベントの計画なども書いてみてはどうでしょう。家に戻った時に、また出かける時に、お互いのメッセージを気にかけるのです。携帯やメールなどで家族のコミュニケーションはより簡単になってきた現代ですが、しかし、手書きのメッセージや絵などでのリアルなコミュニケーションは気持ちをなごませてくれるでしょう。

 

また玄関先では家族だけでなく、近隣の人や友達を気軽に招いたりできるような空間になるといいでしょう。プライバシーの確保も大事ですが、必要に応じて玄関扉や廊下側の窓をもっと開放的にして、廊下を歩く人の姿が中から見えたり、外からも少し中の気配が想像ついたり出来る仕掛けがあると面白いかもしれません。ここでは、この土間に緑をふんだんに入れて、窓を解放していても外からダイレクトに中が見えない工夫をしています。

 

いかかがでしょうか、玄関まわりを使ったコミュ二ケーションへの工夫、今回はダイニングを廊下側に置くということと黒板塗装の壁のことについて考えてみましたが、まだまだ色々なアイデアがあるでしょう。皆様のアイデアを是非お寄せください。


皆さまからのコメント

低層の共用住宅には面白いと思います。メインのプランよりもプレミヤ階でオプション・プランとしたら良いと思います。(東京都・男性)

商品開発担当より ご意見ありがとうございます。基本的なベースプランが有り、そのうえでオプションやメニュープランに設定が出来ると良いかもしれませんね。今回は家族とのコミュニケーションという事で専有部内のプランを考えてみましたが、近隣とのコミュニケーションについても専有部、共用部合わせ考えていきたいと思います。
大胆な発想。良いんじゃないでしょうか。(大阪府・50代・男性)

商品開発担当より ご意見ありがとうございます。一般的なマンションは玄関は北側に置かれ、どうしても寒く、冷たい印象があると思いますが、東西に向いているものであればコミュニケーションスペースを東側の玄関近くへ集約してもおもしろいかと思います。これからも様々な角度で家族内のコミュニケーションについて考えていきたいと思います。
玄関口は面白い発想ですが、一時でも滞留する時間が作りにくいかもしれません。やはり、毎日欠かせない食事、特に朝食時に注目したらと思います。夕食時はバラバラの時間帯が多く、家族のちょっとした努力で朝食を一緒に食べることは可能です。したがって、台所と直結した食事処に注目してもいいかもしれません。少しの時間でも、その食事処で朝食を食べたいと思うような工夫ができないでしょうか?健康志向も加味すれば、面白い仕掛けができると思います。(神奈川県・60代・男性)

商品開発担当より ご意見ありがとうございます。朝食は確かに夕飯に比べると一緒に取りやすいですね。そうなると、ダイニングとキッチンの関係をもう少し考えてみても良いかもしれません。また、健康志向をプラスするといったアイディアもおもしろいですね。家族とのコミュニケーションの場を見直す事も今後検討していきたいと思います。

コメントをどうぞ

都道府県

年齢

性別
男性女性

家族形態
未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

住まいの形態
マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

お仕事
共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

 

上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

上記の内容で送信します。