M23 玄関の外と内をつなぐ 〜玄関についてのアンケートから

先日マンションの玄関についてアンケートを行いました。今回はその結果をもとに玄関まわりのしつらえについてもう少し考えてみようと思います。
(玄関についてのアンケート報告はこちら
現在のマンションは扉一枚で外と内が遮断され、そのしつらえはどの家も同じように殺風景です。高齢者の一人暮らしや防災などの観点からも近隣とのつながりについてよく議論されます。外と内との間をどうデザインするのかを考える必要がありそうです。
例えば、玄関側にも庭やテラスがあるといいと答えた方は60%を超えていました。

 

質問13玄関側にも庭やテラスがあるとよい

 

こうした玄関前の庭には花や植栽などを植えて廻りの人も楽しめる素敵なアプローチをつくってみてもいいかもしれません。家の中からも眺められればなお楽しいでしょう。防犯への配慮は必要ですが、透明なガラスの大きな窓をつけて中からも外が眺められるようにすれば、随分と玄関まわりの雰囲気は変わります。アンケートでも、ガラスの扉を使用してみたいと答えた方が50%を超えていました。

 

質問4 扉を二枚組み合わせ、玄関を考えてみました。格子扉とガラス扉を組み合わせた玄関を使用してみたいと思いますか。(格子で安全面を確保しながら通風することができます)

 

 

下の絵をごらんください。メーターボックスは外廊下の反対側へ配置し、玄関前に小さな庭をつくり、植栽をおいてみました。また、大きな窓を設けて明るく通風のある玄関を考えました。
さらに部屋の内側には土間をつくり、ここには小さなキッチンを設置し、気軽に人を招けるようにしています。親しい友人や近隣の人があつまってお茶を飲んだりする事で新しいコミュニケーションが生まれそうです。アンケートでも玄関に土間を作るという事に共感すると答えた方は47.3%にもなっています。

 

 

間取り図

 

 

質問14玄関に土間があるとよい

質問15玄関にベンチやテーブルなどを置いて来客と話が出来るスペースがあるとよい
震災以降よく話題になる「近隣とのつながり」ですが、建築の作り方が変わることで玄関側のスペースがコミュニケーションの場になるかもしれません。
また、人と話をするだけでなく家の外と内でお互い人の気配を感じる事が出来れば、一人暮らしの不安も少なくなるかもしれません。家の外と内をゆるやかに繋げていくというのも1つの考え方です。その他にもガラリや格子戸を使うというのもありそうです。味気ない防犯用の格子ではなく、玄関前のしつらえとしてもっと豊かなしつらえがあるように思います。

 

いかがでしょうか、玄関前のしつらえを工夫すれば、そこは、家に戻った時や、人を招いた時に、今よりずっと魅力的なおもてなしができる場所になるかもしれません。みなさんのご意見をお寄せください。


皆さまからのコメント

玄関ドアの一部に強化すりガラス等を用いることで玄関内に採光を取り入れることを検討して頂ければと思います。通常、マンションの玄関は狭くていので。また、玄関内を一面ミラーとすることで、広く感じさせることが出来て、また、家を出る時の身だしなみのチェックにも役立ちます。(東京都・男性・50代)

商品開発担当より ご意見ありがとうございます。玄関は毎日のように通る場所です。光が入る明るい玄関は気持ちがいいでしょう。ご提案のように、強化すりガラスにしておけば中が見えずに、光は入り、外と内の気配も感じられるでしょう。玄関内を明るく広く見せる事などについて、今後さらに検討していきたいと思います。ご意見ありがとうございました。
マンションの場合、専有面積内で収めるには買主の負担が増加するだけです。ワンフロア毎にベンチ植栽スペースを共用として、設置したほうが良いと思いますが、管理費もあがると思われ、物件コンセプトを理解して購入した最初の買主は一定の評価を得ても、資産性として、第三者にも認められなければいけないと思います。(東京都・男性・40代)

商品開発担当より ご意見ありがとうございます。確かに専有部内にこのような前庭や土間を作るにはきちんとした物件コンセプトが必要となります。建物だけをご提案するのではなく、ライフスタイルや間取りの使用例などを含め、提案していけるよう今後もたくさんの方にご意見をお伺いしていきたいと思います。

コメントをどうぞ

都道府県

年齢

性別
男性女性

家族形態
未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

住まいの形態
マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

お仕事
共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

 

上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

上記の内容で送信します。