#72 窓辺のしつらえ

窓は家の外と中をつなぐ大事な場所、そこには様々なドラマが生まれます。例えばおばあちゃんが窓をあけて外を眺めているとか、窓越しに誰かと誰かが話しているとか、窓際にたって外を眺めて物思いにひたるとか、恋人同士が窓辺によりそって話をしていたり、またはかつての日本の家では屋根越しに隣の家の人と会話をしたりといった様々なシーンが思い浮かびます。
しかし最近のマンションの掃き出し窓という床から開くサッシにはそうしたシーンが思い浮かばないのです。それはどうも窓のしつらえに課題がありそうです。

 

窓がコミュニケーションを生み出す
例えば肘をかけることができるとか、グラスをおくことができるとか、または腰かけることができるとか、そこに何かの行為をうながすようなしかけが必要なのかもしれません。さらに高さも大事なポイントです。窓の高さによって行為が変わります。もし眺めのいい窓なら、思い切り低くしてそこに座れたりできるといいでしょう。一人で時間を過ごす時、友達や恋人と話す時、窓辺に座り、ふと目にとまる外の風景や外の音などに耳を傾けるのは楽しいものです。

 

具体的にマンションで「窓」を考えてみる
下の絵は、ベランダに面した窓を床から45センチぐらいの高さにして大きい窓をつけてみた絵です。

 

 

 

間取り図

※画像をクリックすると拡大されます。

 

そこに大きめの窓台をつけて腰掛けられるようにしてみました。窓の外側のベランダにテーブルを置くのもいいでしょう。その時にその窓台が家の外と内をつなぐ大事な要素となるのです。ものを運んだり、家の中から誰かが外にいる人へお茶を出したりと一時置きの場所にもなります。もちろんそこにクッションを置いて腰掛けて、本を読んだり、音楽を聴いたり、お茶を飲んだりしながら過ごすのもいいでしょう。時折、外の風景を眺め、自然の変化に意識を向けてみるのです。日常の忙しさの中で忘れがちな自然の小さな変化、窓辺こそ、そうした気付きを人々につくってくれる大事な場所なのかもしれません。

 

いかがでしょうか。窓辺のしつらえについてみなさんはどう思いますか。


皆さまからのコメント

眺望によっては、出窓の方が部屋が広くなっていいかも。しかし気になるのはベランダの椅子。風は大丈夫?(東京都・女性)  

事務局より コメントありがとうございます。周辺環境や眺望を踏まえながら間取りを考えていきたいですね。マンション暮らしでの外を感じられるプライベート空間はおもにベランダとなりますので、その使い方も研究してまいります。
面白いですね。リビングの居心地がよりよくなるように思います。出来れば、実現してみたいものです。(広島県・男性・50代)  

事務局より コメントありがとうございます。マンションに導入している事例はあるのですが、まだ数は少ないです。リビングの居心地についてこれからも研究していきたいと思います。
街並みの向こう遠くに海が見え、夕日の見える窓辺。(千葉県・女性・60代)  

事務局より コメントありがとうございます。窓から見える風景もまた、住まいの一部ですね。窓からの景色が気に入って住まいを選ばれる方も少なくないと思います。
絵にあるような出窓が素敵だと思います。あまり見かけたことはありませんが、椅子のかわりにもなるし、植物など飾ったりもできそうなのでいいなと思いました。ぜひ実現してください。(東京都・女性・30代)  

事務局より リビングダイニングにこのような窓があったら、みなさんはどのような窓辺のシーンを思い浮かべるのでしょうか。

コメントをどうぞ

都道府県

年齢

性別
男性女性

家族形態
未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

住まいの形態
マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

お仕事
共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

 

上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

上記の内容で送信します。