M25 キッチンで使う大きなまな板

このプロジェクトは、今までEYE’S PLUSが提供してきた既存の住宅設備に何かを「プラスする」ことで、より便利になったり、自分好みにカスタマイズできたりするようなプロダクトを考える企画です。提供している製品そのもので解決するより、ユーザー自身が自分で解決できることで暮らしの楽しさがもっと増えると考えました。

 

まず始めに、キッチンに置く「大きなまな板」を考えてみようと思います。日本の料理では水をよく使います。魚をさばいたり、野菜を洗ったり、使ったものをその場ですぐに洗ったりします。しかし、キッチンの作業スペースは狭いですし、配膳のときにもいろいろと工夫をしながらスペースを見つけているという方も多いのではないでしょうか。
最近は、お惣菜など出来合いのものを買って料理をせずにすませたり、食洗機で洗い物をしたりと、以前よりシンクを使うことが少なくなっているかもしれません。
三菱地所レジデンスのキッチンは、従来、80cmあったシンクを65cmに小さくして、食洗機を標準装備し、作業スペースを広げました。
ところが、それでも作業台は足りないようです。
世の中には、シンクの上をまたぐようにして使う「大きなまな板」がたくさん販売されています。それはつまり、「作業台をもっと増やしたい」というニーズの表れではないでしょうか。
そこで今回考えたのは下の絵のような、シンクの上をスライドする大きなまな板です。

 

025_illust01

 

025_illust02

 

このまな板は、横から見ると少し高くなっていて下に皿などがあっても邪魔にならないようになっています。

普段の料理はもちろん、パスタやうどんなどの生地をこねたりするのにも便利そうです。
また、普段からカウンターの上に置いてあっても、スライド式の大きなまな板のように木質系の素材であれば、無機質になりがちなキッチンに温かみを演出できるかもしれません。
こうした木質系の素材で、調味料などを置く棚も作ってみてはどうでしょう。同じ材質でつくることでキッチンに統一感も生まれます。
一つのプロダクトから派生して、さらに別の機能を持たせてもおもしろそうです。

 

いかがでしょうか。
キッチンカウンターの上に置くスライド式の大きなまな板について、是非みなさまのご意見をお寄せください。


皆さまからのコメント

年齢が増えてきて、大きなものや重さのあるまな板は扱いづらくなってきました。実際に食材を切るスペースなら20〜25cmもあれば十分です。食材ごとに、違う少し小ぶりのものを2, 3枚用意して使いわけるほうが、衛生的で使いやすいです。配膳スペースを拡げるのなら、別のワゴンをキッチン内に置くか、そのワゴンが置けなければ、食器棚からスペース用の板が引き出せるほうが便利でしょうか。パスタやパンをこねるとすると、かなり大きな音が出たりと力を加えることになりますね。厚い板や大理石板を置ける程度のスペースを、カウンタ―トップに確保できればよいと思います。(神奈川県・女性・50代)

商品開発担当より ご意見ありがとうございます。他の方もおっしゃるように大きさや重さは検討が必要ですね。マンションのキッチンはどうしてもスペースに限りがあるので、配置できるものも考えなければなりません。今回は既存のキッチンでいかに作業スペースをとるかという事を考えたのですが、作業スペースや配膳スペースにもなる引出式ワゴン、それがきちんと納まっているキッチンなども今後検討していけたらと思います。
セラミックトップのキッチンを某メーカーが出してますが、今回のまな板もセラミックにしてみたら、木よりはいいかな?って思います。(愛知県・女性・40代)

商品開発担当より ご意見ありがとうございます。材質については皆さまからたくさんご意見をいただいております通り検討が必要ですね。確かにセラミックは熱にも強く、とても良い機能です。重さなども重要なポイントになると思いますので、合わせて検討していきたいと思います。
乾かす際の場所があれば良いと思います。(千葉県・男性・50代)

商品開発担当より ご意見ありがとうございます。木製のまな板だとやはり乾かす問題がネックになりますよね。これだけ大きいものを自然乾燥できる場所を設けるのは難しいかもしれません。材質についてはさらに検討していきたいと思います。
タカラスタンダードにユーティリティシンクという商品が正に同様の考え方をしていました。木のまな板は衛生面で嫌です。(東京都・男性)

商品開発担当より ご意見ありがとうございます。今回は既存のものにプラスするプロダクトを考えてみました。シンクそのもので解決するのではなくライフスタイルに合わせ既存のものにカスタマイズしていければと思います。木製のまな板については他の方もおっしゃるようにお手入れが大変な部分がありますので材質は検討していきたいと思います。
大きなまな板、作業台が増え大変便利そうです。使用しないときの収納箇所がキッチン内でスッキリ収まり、動かしたり、収納したりする際に持ち運び安い重さだであるとより使いやすいだろうと感じました。(福岡県・男性・50代)

商品開発担当より ご意見ありがとうございます。作業台が増えると、やはり料理をする際は便利ですよね。ただ、おっしゃる通りあまり重たいと逆に使い勝手は悪くなってしまいそうです。まな板と天板の間を少し浮かせて、プレートなどを置いておけるようにしていますので、楽にスライドが出来るよう使い勝手についてもさらに考えていきたいと思います。
濡れたものの水切りがうまくできないと、料理していて服がぬれそうです。大きな木製まな板は重たいので、メンテナンスが面倒です。(実際我家で特注で作ってもらい使ったことがあるのですが・・・)まな板はしょっちゅう漂白したり、たまには干したり。衛生的につかいたいので、軽さ、薄さ等工夫されるのがよいかと思います。調味料入れは、木だと統一感がでて暖かい雰囲気になりますが、実際使い始めると、台所の料理の飛び跳ねや油がまわり、べたべたしてきます。化粧してある合板ならメンテは楽ですが、塗ってないものは非常にお手入れに手がかかります。調味料入れの位置はコンロから離れたところならいいですが、そうなると料理するのに勝手が悪いです。(広島県・女性・40代)

商品開発担当より ご意見ありがとうございます。確かにおっしゃる通り、木製のものはあたたかみがあり、雰囲気はとても良いですがメンテナンスに時間がかかるものも多いですよね。使い勝手と意匠性、両方を兼ね備えるのは中々難しいとは思いますがみなさんからのご意見やアンケートなどを基に色々と探っていきたいと思います。
まな板として用いると衛生上どうかなと思うので、作業台という感じでしょうか。ワークスペースが広がるのは大歓迎ですが、段差と可動により座りが悪い様な気が。構造・仕組みがバチッと決まるなら素敵。(東京都・男性・50代)

商品開発担当より ご意見ありがとうございます。確かに段差や可動については、細かい検討が必要ですね。また、まな板で使用するのであれば、あまり大きすぎたり重すぎたりするとメンテナンスが大変で衛生的にも気になりますので作業台として使用するのかなど使用方法も更に検討してみたいと思います。

コメントをどうぞ

都道府県

年齢

性別
男性女性

家族形態
未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

住まいの形態
マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

お仕事
共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

 

上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

上記の内容で送信します。