#76 定年後の暮らしと家について

会社に勤めている人の多くは65歳で定年を迎えるのではないでしょうか。一般的に定年は65歳程度まで伸びたものの、多くの人は心身ともに元気です。自由に使えるようになった時間をどう使うのか。中にはその後の生き方を模索し独立を考えたりもするのですが、長い間会社勤めをしてきた人たちにとって生易しいものではありません。かといって家にいても家族から疎まれる(=煙たがれる)という話もよく聞く話です。企業人として精一杯生きて来て、特にこれといった趣味もないというのが多くの人の現実なのかもしれません。家にいる時間が急に多くなる夫と妻、顔を合わせれば喧嘩にもなりがち、、、。

 

そこで解決策ですが、家の改修にチャレンジするというのはどうでしょうか。
せっかくの時間を有効にかつ楽しく改修も自分で行うセルフリノベーションで、壁を取り払い広々としたリビングにしたり、趣味の部屋を作ったり、この際、今までの持ち物を一挙に整理してみるのもいいかもしれません。普段使わなくても思い出として必要で大切なものをきちんと整理してみるというのもひとつの考え方です。
キッチンを整理して友達を招き料理をふるまうのもいいでしょう。インテリアだって自分の趣味のテイストに作り変えてみるのです。インテリア雑誌を見てあれこれ考えてみるのも楽しいひとときですし、どんなキッチンにしたいのか、お風呂は、トイレは、リビングは、、、と夫婦2人で考えてみることも人生のこれからを考えるよい機会のような気もします。家の改修は、働きづめで過ごした時間からもっと自分らしい暮らしに積極的に関わっていくいいチャンスになるかもしれません。

 

また、いま住んでいる家を改修するというだけでなく、思いきって住み替えてみることや、もう一軒家をもつという選択肢もあるかもしれません。都心の便利なところに住むのもよし、郊外の自然に寄り添う暮らしもよいでしょう。
いかがでしょうか。みなさんの暮らし、定年後の暮らし、元気で楽しく暮らすために家の環境を整え仕事中心だった人生を一度リセットして、美しく整った家に住み、新たな人生を始めるのです。今や平均寿命は男性でも80.21歳。仕事もまだまだできるでしょう。医療技術も進み、ますます長生きが叶う時代です。定年後の暮らしと家のありかたについて、みなさんのご意見をお寄せください。


皆さまからのコメント

シニア向け優先住戸のあるマンション発売のニュースを見ました。戸建ての維持を負担に感じておりますが、マンションは、若い世代ばかりのように思われて住み替えに踏み切れずにおりましたので、この流れが広がることを期待しております。(神奈川県・女性・60代)  

事務局より コメントありがとうございます。現在販売中のマンションにユニバーサルプラン住戸を設けた企画型マンションがあります。住戸内の廊下幅をしっかりと確保し引戸やバリアフリーを実現。医療連携サービスもあります。こういったマンションが企画ではなく基本となり選択ができたり、多世代が安心して暮らせるマンションを研究していきたいと思います。
DIYは時間がたっぷりと有る年金生活者には、一度は挑戦してみたいと思っています。断捨離と終活を行いたいと思っていますが、実行に移すのはなかなか難しいと思っている、今日この頃です。(東京都・男性・60代)  

事務局より コメントありがとうございます。DIYを始められる方は年々増えているそうですが、昔は必要なものをご自身で作る家庭も多かったように思います。自分で作るとそれまで見えなかったことが見えてくるかもしれません。一つひとつ始めてみるのもいいかもしれませんね。
これから高齢化社会に対応するため、シニア世代にも優しい住宅ローンや暮らし方の提案が出来る社会の実現が夢です。年金も貰えるか解らない現在の国の在り方を改善出来れば、リタイアした後もセカンドライフを生き生きと過ごせると思います。今後も最新設備など暮らしに潤いを持たせる住まい造りの提供をお願い致します。楽しみにしております。(埼玉県・女性・40代)  

事務局より コメントありがとうございます。高齢化社会に向けて住宅ローン等の資金づくりやライフスタイルの提案は求められますよね。家族構成の変化に応じた間取りや暮らし方だけではなく、様々な新しい提案も考えていきたいと思います。
リフォームも住み替えもお金がないとできません。(愛知県・男性・70代)  

事務局より コメントありがとうございます。家のリフォームや住み替えはお金のかかることですよね。自分らしい暮らしを考え、豊かに楽しく過ごすための小さなアイデアを見つけることから始めてみてはどうでしょうか。スマイラボでも引き続き研究していきたいと思います。
スマイラボに応募してから、また我が家の改造を始めました。食堂の焼き肉用排気ダクトは大きく進化しました。公言したクロスの張り替えも始めました。でも空間の大きさは替えられないので不用品の断捨離をやらないといけないと言うのが良くわかる様になりました。玄関吹き抜けに以前作ったロフトも断捨離で効率よく使える様になるかと思っています。現在ロフトは息子のお嫁さんが、趣味と実益の手芸用品で3割程占拠しています。(愛知県・男性・60代)  

事務局より コメントありがとうございます。ご自身で実践されたリフォームやDIYはご家族の皆さんも喜んでいらっしゃるのではないでしょうか。楽しい空間が目に浮かびます。自分で考えたり造ったりすることは一見難しいように思いますが、始めてみると夢中になり、次々とアイデアが生まれるのかもしれません。これからもたくさんのアイデアをお寄せください。

コメントをどうぞ

都道府県

年齢

性別
男性女性

家族形態
未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

住まいの形態
マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

お仕事
共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

 

上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

上記の内容で送信します。