リフォームの100の知恵

R024 窓や壁の結露を減らすには

結露は壁や天井などの表面温度と空気の温度の違いによって生じます。一般に部屋の温度が暖かく、壁が低い温度の時にその温度差により結露が生じます。特に外気の温度が伝わりやすい窓は暖かい空気が急に冷えるとその空気に含まれている水蒸気が水滴に変わります。これを避けるには、壁に断熱材を入れることや、窓であればペアガラスや部屋内にもう一つ窓をつけることで温度差をなくすことが可能です。そしてもうひとつ、壁の温度と空気の温度に差をつけないように、暖房をつけたり消したりせずに、ある期間つねに運転し続けるのも有効です。さらに家の一部だけを温めるのでなく家全体どの場所も同じように温めることで、部分的に冷たい壁をなくすことも有効です。


コメントをどうぞ

    都道府県

    年齢

    性別
    男性女性

    家族形態
    未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

    住まいの形態
    マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

    お仕事
    共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

    メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

     

    上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

    上記の内容で送信します。

     

    「三菱地所のリフォーム」HPへはこちら
    三菱地所のリフォーム