リフォームの100の知恵

R082 梁と壁の位置について

梁の位置を必ず書き込み、梁の下を活用する。平面図では柱の位置しか表現されていないことが多いですが、部屋には梁が横断している場合があります。これは小梁という必要な構造体ですが、部屋の中にいるとこれが意外に目につき視線を遮ることがあります。専門家は梁に合わせて壁や家具を作って隠したり、間接照明などで目立たないように工夫も考えるのですが、一般の人は見落としがちです。十分注意して計画をすることをおすすめします。壁際の梁下は収納などを設置して梁形が見えないようにするときれいです。


コメントをどうぞ

都道府県

年齢

性別
男性女性

家族形態
未婚既婚(子供あり)既婚(子供なし)

住まいの形態
マンション(所有) アパート・マンション(賃貸) 戸建て(所有)戸建て(賃貸) その他

お仕事
共働きあなたのみ配偶者のみどちらも働いていないその他

メッセージ(カタカナは全角でお願いします)

 

上記の内容でよろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

上記の内容で送信します。

 

「三菱地所のリフォーム」HPへはこちら
三菱地所のリフォーム